ようこそ、浄土宗青松山無量壽院長善寺のホームページへ

浄土宗について

浄土宗(じょうどしゅう)について


浄土宗(じょうどしゅう)について

阿弥陀仏の本願の他力念仏により浄土(極楽)へ往生することを求める宗派で法然によって確立された。

総本山 華頂山  大谷寺 知恩教院(知恩院)

大本山 東京増上寺・京都金戒光明寺・京都知恩寺・京都清浄華院・福岡久留米善導寺・
      鎌倉光明寺・長野善光寺大本願寺

浄土宗(じょうどしゅう)は、日本の仏教宗旨のひとつで、法然を宗祖とする。本尊は阿弥陀如来(舟後光立弥陀・舟立阿弥陀)。教義は、専修念仏を中心とする。浄土専念宗とも呼ばれる。浄土真宗の別称もある(親鸞を開祖と仰ぐ浄土真宗とは別である)。

承安5年(1175年)、法然は43歳の時に、善導撰述の『観無量寿経疏』(『観経疏』)によって専修念仏の道に進み、叡山を下りて東山吉水に住み、念仏の教えをひろめた。この年が、浄土宗の立教開宗の年とされる。

浄土宗(じょうどしゅう)について 浄土宗(じょうどしゅう)について
納骨堂
墓地分譲案内
知恩院
仏像