ようこそ、浄土宗青松山無量壽院長善寺のホームページへ

境内

境内 境内

 県道名古屋豊田線を入ると旧飯田街道と交差し参道から山門を見渡す。
山門の両脇は土塀で囲まれ境内地に入るが山門の右手に地蔵尊が祠に安置されている。

この地蔵さんは「さくら地蔵」といい子育て地蔵として地元の人々には信仰され子育て中の母親たちには幼児に必要なお乳が豊富にでることで知られている。

また祠の中には願掛け地蔵も安置されていて地蔵さんを抱き上げることができれば願い事がかなうとされている。

 山門右手前には桜が「さくら地蔵さん」に因んで三月末から四月始めにかけて満開に花をつける。

境内 境内 境内
境内 境内 境内

 山門を入ると左手にはトイレと水屋が列びその奥には春先に「さんしゅゆ」が黄色い花をつける、右手には樹齢不詳の樹高が十数㍍の銀杏が秋には見事なほどの黄葉を見せつける。

その奥には鐘楼堂(鐘楼は太平洋戦争に供出されたが昭和63年に檀家の人々により新鋳造された)があり大晦日には除夜の鐘が近隣の人々により煩悩の数108を新年を挟んで撞かれる。

 山門から正面の本堂までは数十㍍である、春にはサツキが赤、白と満開になる。また椿の盆栽がありまだ木としては小さいが数十種類の花が交互に咲き乱れる。

境内 境内 境内
境内 境内 境内

 本堂の中に入ると正面に浄土宗の本尊である阿弥陀如来が鎮座し両脇には観音菩薩、勢子菩薩が安置されその両隣に右高祖善導大師、左法然上人が祭られている。

 右脇内陣には当郷中にあった片坂教会の本尊阿弥陀如来立像、左脇内陣には地蔵教会の本尊地蔵菩薩が安置されているが両本尊共いつの時代に建立されたものか未だ不明である。

本堂の右にはお庫裡が本堂に連なって建っている、本堂左側から裏に回ると長善寺歴代の住職の墓がありそれと一帯に檀徒の墓地があり日々それぞれ人々により先祖等に対するお墓参りがなされている。

その北側は田んぼであり離れて愛知環状鉄道が走っている。

山 門(さんもん)
 浅瓦葺一間薬医門両袖塀付き、昭和11年建立

山 門(さんもん) 山 門(さんもん) 山 門(さんもん)

鐘楼堂(しょうろうどう)
  切石基壇の上に建てた入母屋造棧瓦葺、昭和22年正月に再建、当初の梵鐘は文政年間(1819~1829)作、現在は昭和63年作の梵鐘である。大晦日には近隣の多くの人で除夜の鐘を撞かれている。

鐘楼堂(しょうろうどう) 鐘楼堂(しょうろうどう) 鐘楼堂(しょうろうどう)

子育てさくら地蔵尊
 県道名古屋豊田線を入ると旧飯田街道と交差し参道から山門を見渡す。
山門の両脇は土塀で囲まれ境内地に入るが山門の右手に地蔵尊が祠に安置されている。
この地蔵さんは「さくら地蔵」といい子育て地蔵として地元の人々には信仰され子育て中の母親たちには幼児に必要なお乳が豊富にでることで知られている。
また祠の中には願掛け地蔵も安置されていて地蔵さんを抱き上げることができれば願い事がかなうとされている。

 山門右手前には桜が「さくら地蔵さん」に因んで三月末から四月始めにかけて満開に花をつける。

子育てさくら地蔵尊 子育てさくら地蔵尊 子育てさくら地蔵尊

本堂

本堂 本堂 本堂
本堂 本堂 本堂

納骨堂
墓地分譲案内
知恩院
仏像